エスタ申請にはパスポートとクレジットカードの準備を!

アメリカが制度化している電子渡航認証システムがESTA(エスタ)と呼ばれるものです。
アメリカに行く時、アメリカを経由して他の国へ行く時にエスタの申請をしておかなければなりませんエスタの申請がない場合には、飛行機に乗せてもらえません。
それほど重要なものなのです。
つまり、何とかして飛行機に乗せてもらおうなどと思わないことです。
トラブルなどを起こしてしまうと、エスタの申請をしても却下されてしまうこともあるかもしれません。
エスタの申請はインターネット上で行われます。
以下にエスタ申請の手順を紹介しましょう。
それから、エスタの申請は渡航の72時間前までに済ませておくことが大切です。
犯罪歴などの問題がない人ならば、申請してすぐに許可が下りることになります。
まず、アメリカ大使館の公式ホームページを開きます。
ホームページからエスタ申請のサイトに辿っていきます。
画面表記を日本語に変更します。
後は日本語で書かれていることに従って、日本語で入力します。
入力する項目はパスポート番号、自分の住所氏名、クレジットカードの番号などです。
エスタからすぐに許可の回答が返ってくるでしょう。
パスポート番号を間違って入力したり、入力ミスがあると認証拒否となることがありますので気を付けましょう。
クレジットカード現金化は、カードの利用停止・契約解除の対象です